新卒社員採用

みんなの喜ぶ顔が、原動力。

私たちエイジスのお客様は“チェーンストア”。
チェーンストアが発展していくことによって、
その商品やサービスはより良いものになり、
お店に訪れる人の笑顔につながる。
暮らしが豊かになっていく。
そんな、豊かな社会の実現に貢献したい、
笑顔の原動力になりたい。

私たちの会社は“people business”。
だから、一人ひとりが笑顔で働くことができて、人生が豊かなものになることを願っています。
働く仲間の笑顔とともに、
エイジスは成長していきます。

みんなの喜ぶ顔が原動力になる。
それがエイジスです。

先輩からのメッセージ

キャリアプラン

ヒトが主役のピープルビジネス。
エイジスは、人材育成企業です。

本人の希望を尊重し、
自分自身が思い描くスペシャリストを
目指せます。

新人研修や昇格時の研修など
多彩なプログラムを用意。

アメリカ研修

1年に一度、チェーンストアの本場アメリカで、最新情報を学べる研修が行われます。チェーンストアの視察のほか、ロサンゼルスでのホームパーティやメジャーリーグの観戦など、アメリカの暮らしと娯楽も体験します。

フォローアップ研修

フォローアップ研修は、入社半年後の社員を対象に行う研修です。必要な業務知識の習得に加え、サービスについて理解することを目的としています。そこで発見した良いサービスの事例からサービスについての理解を深め、普段の業務の質の向上に繋げています。

福利厚生

何年経っても、
イキイキと働いてほしいから。
働きやすい環境づくりにも、
注力しています。

数字で見るエイジスの福利厚生

  • 離職率

    働きやすさ改革を続けているエイジス。社員の希望するキャリアを叶えること、社員のチャレンジをサポートするなど、社員満足度を高める風土があります。

    入社5年以内の 離職率 12.7% 平均勤続年数 13.3年
  • 育休取得人数

    産休・育休・短時間勤務制度などを整えているため、どのようなライフイベントがあっても長く働ける環境です。育休に関しては、女性だけではなく男性の取得実績もあります。

    育休取得率 100% 育児休暇 取得者数 7人 職場復帰率 100%
  • 公休取得率・残業時間・有給取得日数

    残業はほとんどありません。公休はもちろんのこと、有給休暇や長期休暇の取得も推奨。プライベートも充実できるような社内体制を整えています。

    公休取得率 100% 月間平均 所定外労働時間 17.5時間  平均有給休暇 取得日数 9.6日

福利厚生サービス リロクラブ

エイジスでは、福利厚生サービス リロクラブを導入しております。会員限定で、学習やレジャー、宿泊などの多岐にわたるジャンルのサービスを、特別価格で利用できます。

社宅・家賃補助制度

入社後は、好きな物件に、会社からの家賃補助70%を受けて入居することが可能。安心して新生活を始められます。

募集要項、説明会はこちらから

マイナビでエントリー

募集要項、説明会はこちらから

マイナビでエントリー

国内シェアNo.1という、
圧倒的地位。
だからこそ、
新しいチャレンジができる。

営業推進室
営業(広告担当)

近藤 拓弥

2016年入社

「一緒に働きたいと思える人」…
その視点を大切にして、出合ったのがエイジス。

当初は、読書という趣味が活かせる出版会社をメインに就職活動を行っていました。しかし、様々な会社の人事担当者とお会いし、お話をしていく中で、次第に考えが変わっていきました。業界よりも、一緒に働きたいと思える「人」の方が私にとって大切なんだと気付いたんです。その点、エイジスは、電話する方・説明会でお会いする方・面談した方…すべての人の対応が、本当に気持ちよかったんですよね。 また、「国内シェアNo.1」というフレーズにも惹かれました。棚卸というニッチな分野ですが、業界1位というのは企業としての安心感がありますし、何より、一本大きな柱があることで、新しいチャレンジもしやすいのでは…と思えたんです。

何も知らなかった、棚卸の世界。
そこで、思いがけない成長をしました。

正直に申し上げますと、当時は説明を受けても棚卸の仕事のイメージがつきにくい状況でした。実際に仕事をはじめてみると、こんな仕事があるんだな、と少し驚きましたね。コンビニなどのチェーンストアに出向き、私がリーダーとしてアルバイトやパートさんに在庫チェックの指示を出す…時には、アルバイトの方のほうがベテランな場合もあるので、素直にわからないことは聞くように心がけました。アルバイトやパートの方は、色々な思考の方がいるので、人との接し方はとても勉強になりましたね。実は、私は人見知りだったのですが、この1年でだいぶ成長できたと思います。コミュニケーション能力を磨けましたし、チームリーダーとして指揮をとっていたので、マネジメントのスキルも身につけられたと思います。

いつか、新たな事業・サービスの
立ち上げに携わりたい。

今は入社3年目ですが、棚卸の部署から異動し営業推進室にいます。ここでは、エイジスのサービスをチェーンストア・流通小売企業のお客様に広めるための広告担当として、雑誌広告の作成や展示会の運営、営業支援システムの運用を行っています。
最近では、業界誌に載せるチラシの制作を担当しました。デザインから載せる内容まですべて自分で考えて形にできた、初めての経験。実際、書店で自分が作ったものを目にした時は、達成感がありましたね。
このチラシ制作の時もそうでしたが、望めばチャレンジできること、そして入社の決め手にもなった人の良さがエイジスの魅力。私が今後の目標としている、新たな事業・サービスの立ち上げも、きっと実現できると思います。

CAREER STEP

  1. STEP 1

    東京の営業所へ配属。コンビニエンスストアチェーンにて棚卸業務を覚えつつ、棚卸チームのリーダーであるSV(スーパーバイザー)の資格を入社半年で取得。その後は、クルー責任者としての業務と、新規採用者の現場教育も担当した。

  2. STEP 2

    入社1年後、クルーイング担当という従業員の勤務計画を作成するマネジメント職に就く。コンビニエンスストアの棚卸に従事する約50人のアルバイトのシフト管理を担当。お客様の要望とメンバーの希望を叶えることに努めた。

  3. STEP 3

    営業推進室へ異動。エイジスのサービスをお客様に知っていただくため、広告担当としての業務に就いている。今後の目標は、新事業・新サービスの立ち上げに携わること。エイジスとしてのグループシナジーを活かせるものに挑戦したい。

最適なキャリア形成を
応援してくれる。
成長することの楽しさを
感じられる職場です。

営業部
営業担当

久保 匡宏

2014年入社

苦手だと思っていた営業の仕事。
周りの人に支えられ、一人前にこなせるようになりました。

営業の部署へ異動したのは、社員になってから3年目のこと。それまでは事業所で、棚卸作業や事業所のマネジメントといった、中間管理職の経験を積んでいました。異動の話を聞かされた瞬間は、正直、不安しかなかったです。それでも前に進もうと思えたのは、尊敬する先輩からの後押しがあったから。私の将来を考えた時、営業をしたという経験は絶対に役に立つとアドバイスをいただきました。その先輩は、私にとって人生の師匠と呼べるような存在。そんな先輩も、事業所から営業、そして今はゾーンマネージャー(部門長/部長職)というキャリアを積んでいました。私も同じようなキャリアを積んで先輩のようになりたい。そして、いつかは先輩を超えたい。そう思えた瞬間、まっすぐ営業の仕事に向き合えるようになりましたね。

「人を大切にする」という信念を
感じられることが、エイジスの魅力。

そもそも事業所配属だった私が、なぜ営業部へ異動となったのか。それは、エイジスが「人材育成企業」という信念を持っているから。その実現のため、社員一人ひとりのキャリア形成を大切にしています。例えば、毎年、年に1回行われる役員面談。これは、社員の志望すること・今後のキャリアについて役員自らが聞き、話し合う面談です。私の場合は、当時から事業所長を目指していることを伝えていたのですが、そのために必要な経験として営業を勧められました。単純に会社の都合だけではなく、その人にとって本当に必要なキャリアプランを考えてくれる。それは、「人を大切にする」という信念を実現しようとする、想いの表れだと思います。

やりたいことが決まっていなくてもいい。
成長することの楽しさを、
エイジスで感じてほしい。

学生の皆さんは、仕事は「やりたいこと」をするべきと考えている人がほとんどだと思います。もしかすると一部の人は、その「やりたいこと」が見つけられず、悩んでいるのではないでしょうか。もしそうだとしたら、そんな自分を責めないで欲しいと思います。やりたいことは決まっていないけど、自立したい。成長して、一人前の社会人になりたい。そういう思いを持っている人なら、きっとエイジスは最適な環境です。
上司の仕事は、部下を育てることです。そして、エイジスには人材を育成する仕組みが整っていますし、部下を育てようという熱意のある上司がたくさんいます。
ですから、学生の皆さんは、ぜひ安心してエイジスに飛び込んでください。

CAREER STEP

  1. STEP 1

    新潟の事業所へアルバイトとして配属。SVの経験を経て、ヘッドSV(現場100人規模のアルバイト・パート管理、複数名SVの管理)も経験。

  2. STEP 2

    社員登用となる。マネジメント担当として、高崎で夜間全体のマネジメントを任される。マネジメント担当は、1事業所につき1名。拠点長のすぐ下というポジション。その中で、中間管理職としての経験を2年ほど積んだ。

  3. STEP 3

    社員登用3年目、本部営業部へ異動。既存顧客への営業や新規顧客獲得を担当。1日2社~3社ほど商談に伺う。商談がない時は、お客様の店舗を回り、困りごとがないかを確認。潜在的な課題を早期に発見し、解決のためのサポートを提案する。