お客様の課題

在庫差異の発生を防いで在庫管理を正確に行いたい。

在庫差異で生じる問題

目まぐるしく物が流れる倉庫内では、実際の在庫数と帳簿上の在庫数が合わない「在庫差異」が起きがちです。在庫差異が生じた場合、そもそも資産の減少を意味することはもちろん、在庫が不足して出荷が間に合わない場合は顧客の信頼性が低下してしまい、商品を見つけるための対応に迫られるなど生産性の低下が挙げられます。

在庫差異をいかに防止するか

在庫差異を防ぐには、在庫入力や伝票処理、検品処理などの人的ミスが発生しやすい環境を特定し改善することが有効です。また、在庫管理システムを使って入出庫管理を行っている場合でも、データ上の在庫と実際の在庫が一致しているか、定期的に棚卸をしてチェックを行うことが有効です。

正確な棚卸で在庫差異を防止する

在庫差異を防いで正確に在庫管理を行う。そのための一歩として、正確に棚卸を行うことが大切です。棚卸は自前でもできることですが、教育・訓練された専門的なスタッフが棚卸を行うことで、精度の高い在庫計上が可能です。

エイジスでは全国で2,500社以上に棚卸を提供しており、食品・雑貨・衣料など幅広い分野の物流倉庫で活用され、高い評価をいただいています。物流倉庫向けの棚卸の詳細は各種サービスページをご覧になり、少しでもご興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

「個人情報の取り扱いについて」
(1)事業者の氏名または名称
株式会社エイジス
(2)個人情報保護管理者
常務取締役管理本部長 山根 洋行
(3)利用目的
お問い合わせいただいた内容に回答するため。
(4)第三者提供について
取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。
(5)取り扱いの委託について
取得した個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託することはありません。
(6)開示対象個人情報の開示等およびお問い合わせ窓口について
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます)に応じます。開示等に応ずる窓口は、お問い合わせいただきました当該部署になります。
(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキー(cookie)やウェブビーコン(web beacon)の技術を使用して取得したアクセス情報を自動的に収集いたします。